フォトアルバム

« 予算委員会――約束した集中審議、そして2次補正審議を | メイン | 山口元厚生次官ご夫妻の死――真面目で真摯な人だった »

2008年11月19日 (水)

素晴らしい伊達選手の日本一、若い人も負けずに頑張って

今日はちょっと話題を変えて、テニスの話をしたいと思います。

伊達公子さんが、シングルスおよびダブルスで日本一になりました。私は非常にすごいことだと思っています。私もテニスを若干していた時期がありますので、特に中学時代、軟式テニスの部活をやっていました。したがって、テニスにはそれなりの関心を持って見てきました。

特に、伊達さんは素晴らしいプレーヤーで、世界ランキング4位まで上り詰めた、私自身もファンの1人として非常に注目をしていたプレーヤーでしたけれども、今回改めて現役に復帰されて、そしてあれよあれよという間に優勝されたと。その努力と能力に対して本当に素晴らしいことだと思います。

これからも是非頑張って、全豪オープンには出られるということですけれども、世界のトップと戦っていただきたい。同時に、30代あるいは40代で頑張っている人たちに1つの希望を与える、そういう存在であってもらいたいなと思います。

そして、ちょっと余分なことを加えれば、まだ若い10代、20代の選手たち、いつまでも伊達さんに負けていないで、是非頑張って力をつけてもらいたいと、そういうふうにも思っています。

※ブログの動画版はこちら

コメント

ボクもテニスが好きなので、復帰後の伊達さんに注目していました。全日本で優勝され、とてもびっくりしました。

経験は体力を十分にカバーできることを証明され、すごいです。

私の妹も32才で東京女子国際マラソンに素人ながら出場し完走しました。国際大会に出場できることは大変名誉なことだそうです。国際大会なので区間ごとに制限タイムがあり1秒でもOVERするとバスに乗せられて強制的に棄権させられるのだそうです。完走したごほうびはタオルケットに使えそうなぐらい大きな赤いバスタオルで東京女子国際マラソンと白ぬきでローマ字で書いてありました。肉離れした足で走り自己最高記録でゴールしたそうです。あと5分速ければ名古屋国際マラソンの出場権を手にいれることができたのにと悔しそうでした。今度は東京マラソンの出場権が抽選で当たったそうなので良い記録がだせれば名古屋国際マラソンも夢ではなさそうです。そうなるともう妹は趣味の枠を超えてアスリートの仲間にいれてもらえるかもしれません。まさしく岡田さんの座右の銘、大器晩成にぴったりの妹だと思いました。

復帰して、優勝というのは、明るい話です。
暗い世の中ですから、希望を皆に、特に女性には、与えてくれたと思います。
そして、テニスの世界では見なかった黒人選手が、最近は大きな選手権で活躍するようになり、米国の大統領に、オバマ氏がなり、人種の壁も、だいぶ薄くなってきたと思います。
フィギアの世界で、日本女性が金メダルを取り、これもうれしいことでした。
デモ、ほんとに、人類がそれぞれの違和感を克服できるのは、シンクロや水泳のメドレーで、様々な肌の人間がチームワークを組み、プレーし、金メダルを取ったときだと思います。
選手生命の長い人が、増えると良いと思います。
そうすれば、今20代で振るわない選手も、かえって30代に活躍するかもしれないという、希望も持てます。

僕も、中学生だった時、伊達公子さんのファンでした。日本人が、世界の強豪と渡り合う姿を見ていると、自分も努力したら伊達さんみたいに世界で戦える人材になれると強く思っていました。時間も流れ、現在25歳になりました。まだ、まだ、世界で戦える人材にはなっていません。
不死鳥の様に復活した伊達さんのごとく、日本も再び世界の中で断固たる地位を取れるように、岡田さんには必死に頑張ってほしいです。

最近は日本人選手の活躍があまり無いせいか、テレビでテニスの試合を見る事が少なくなりましたが、伊達選手が現役の頃はよく観ていました。
特に、ウインブルドン(全英オープン)でシュテフィ・グラフにあと一歩のところで惜しくも負けた試合は、今でも記憶に残る、素晴らしい試合でした。
あの試合は、流れが伊達選手の方に来ていたので、日没サスペンデッドにならなかったら、もしかしたら・・・と思われるものでした。
そのくらいの頃、伊達さんがしていた鉢巻(確かエレッセだったと思います)がかっこよく見えて、欲しいと思ったのを思い出しました。
現在の伊達さんは、毎日15kmくらい走っているそうですね。
もちろん、テニスのトレーニングと別に・・・
他のプロテニス選手も、そのくらいのトレーニングはされているとは思いますが、それにしてもすごいなーと思いました。

岡田さんも、テニスをなさっていらしたんですよね。
今でも、白いテニスウェアとか似合うのでは、と思うのですが。

今回のビデオメッセージは、映像が鮮明なので、岡田さんのお顔もきれいに映っていて良いですね。
ただ、映像に見入ってしまって、岡田さんのお話が頭に入ってこないのが難点ですけどね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。